日本はなぜ空襲を受けたのだろうか

戦争と空襲  ~空襲史の幕開け~

 

 戦争に空からの攻撃(空爆・空襲)が加わったのは、1902年にライト兄弟が飛行機を発明する以前、1852年フランスのアンリ・ジファールが飛行船を発明して以来実用化に向けて開発が続けられ、イタリアが1911年の伊土戦争(イタリア×オスマントルコ。1911年~1912年)で、オスマントルコ領のリビアを飛行船を使って空から攻撃したのが最初です。この頃は航空爆撃に適した爆弾の開発や製造体制が整っていなかったため、釘・石・レンガなどを投下するケースもありました。その後第一次世界大戦(1914年7月~1918年11月)で、ドイツが飛行船をつかってロンドンに爆弾を投下しました(ロンドン空襲)。しかし、イギリス軍によって軍事用に開発が進んでいた飛行機による反撃を受け、目立った戦果を挙げないままドイツは飛行船による空襲を飛行機に切り替えます。本格的なドイツ軍による航空機からの爆撃は1911年のバルカン爆撃(バルカン爆撃1914年のパリ爆撃パリ爆撃)です。

 

 第1次世界大戦の後、ヨーロッパ諸国の植民地各地で反乱がおきますが、それを鎮圧するため空からの攻撃手段がとられました。1919年のイギリスによるエジプト爆撃を初め、ソマリランド、メソポタミヤ(現在のイラク)、インド、1925年のフランスによるシリヤやモロッコ攻撃、イタリアによるリビア攻撃、アメリカによるニカラグア攻撃などです。中でも1937年(昭和12年)のドイツ軍によるスペインのゲルニカ大空襲は、悲惨な状況をピカソが描いた絵画「ゲルニカ」などによっても有名です。これは植民地ではありませんでしたが、スペイン国土内の少数民族バスク人に対する弾圧もありました。この空襲は焼夷弾が使用された世界初の空襲とされ、また、都市無差別爆撃の最初の例とされています。(ゲルニカ大空襲焼夷弾都市無差別爆撃 参照)

 

 第2次世界大戦は1939年のドイツによるポーランド侵攻で火蓋が切られますが、1940年8月24日ドイツ軍はイギリスのロンドンに無差別爆撃を行いました。イギリス軍はその報復として、ドイツの首都ベルリンで夜間焼夷弾爆撃を決行しました。