日本はなぜ空襲を受けたのだろうか

戦争と空襲  ~空襲史の幕開け~

 

 戦争に空からの攻撃(空爆・空襲)が加わったのは、1902年ライト兄弟が飛行機を発明する以前に1852年フランスのアンリ・ジファールが飛行船を発明して以来実用化に向け開発され、イタリアが1911年の伊土戦争(イタリア×オスマントルコ1911~1912年)で、オスマントルコ領のリビアを飛行船を使って空から攻撃したのが最初です この頃は航空爆撃に適した爆弾の開発や製造体制がまだ整っていなかったため、釘、石、レンガなどを投下するケースもありました。その後第一次世界大戦(1914年7月~1918年11月)でドイツがロンドンを飛行船をつかって爆弾を投下しました(ロンドン空襲)。しかし、イギリス軍によって軍事用に開発が進んでいた飛行機による反撃を受け目立った戦果を挙げないままに、ドイツは飛行船による空襲を飛行機に切り替えます。本格的なドイツ軍による航空機からの爆撃は1911年のバルカン爆撃(バルカン爆撃1914年のパリ(パリ爆撃)爆撃です。

 

 第1次世界大戦の後、ヨーロッパ諸国の植民地の各地で反乱がおきますがそれを鎮圧するため空からの攻撃手段がとられました。1019年のイギリスによるエジプト爆撃を初めソマリランド、メソポタミヤ(現在のイラク)インドなど、1925年のフランスによるシリヤやモロッコ攻撃など、イタリアよるリビア攻撃、アメリカのニカラグア攻撃などです。中でも1937(昭和12年)年のドイツ軍によるスペインのゲルニカ大空襲は悲惨な状況がピカソの手によって描かれた「ゲルニカ」などによっても有名です。これは植民地ではありませんでしたが、スペイン国土内の少数民族バスク人に対する弾圧でした。この空襲は焼夷弾が使用された世界初の空襲とされ、また都市無差別爆撃の最初の例とされています。(ゲルニカ大空襲焼夷弾都市無差別爆撃 参照)

 

 第2次世界大戦は1939年のドイツのポーランド侵攻で火蓋が切られますが1940年8月24日ドイツ軍はイギリスのロンドンの無差別爆撃を行いました。その報復としてイギリス軍はドイツの首都ベルリンの夜間焼夷弾爆撃を決行しました。

 

日本軍による国外の空襲 中国本土無差別爆撃へ


 第一次世界大戦のときの日本は連合国側でドイツと戦いました。その時ドイツの租借地だった中国の青島(チンタオ)の街を日本軍は1914年(大正3年)9月5日~11月7日にかけて49回に亘って空襲を敢行しました。9月5日青島港内の兵営や電信所に爆弾を手で投下しましたがこれが日本軍による他国にたいする最初の空襲となりました


 その後日本軍は当時日本の植民地支配下に置かれていた台湾の先住諸民族の居住する山岳地帯を1917年8月に11回も爆撃しています。また、1930年10月7日抗日勢力が武力蜂起した「霧社事件」のとき、蜂起した先住民族の所属する部落を2ヶ月に渡って空襲、爆弾とガス弾(青酸及び催涙弾)を投下して500~1000人の死者を出しました。

 

 1934年7月7日溝橋事件をきっかけとして日中戦争が勃発しますが、その時日本軍は錦州を爆撃、上海・杭州・南京・広東武漢など中国の主要都市を爆撃、中国都市爆撃の頂点として、1935年5月に重慶の無差別爆撃を敢行しました。重慶の爆撃のために台湾の基地を飛び立った日本の飛行機は述べ10.000機と記録されています(日本軍記録)。これが第2次世界大戦においての航空機による焦土作戦の幕開けとなりました。ヨーロッパではイギリスとドイツの無差別爆撃として展開し、やがて日本全土の主要都市が無差別爆撃による焦土作戦の渦に巻き込まれ、灰燼に帰すという悲劇に直面することになります。

 

日本軍の真珠湾攻撃とアメリカ本土爆撃

 

 昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾攻撃のあと、日本海軍の伊第二十五潜水艦計9隻は、アメリカの西海岸で12月20日頃から通商破壊戦を展開したのです。西海岸沿岸を航行中のアメリカのタンカーや貨物船を5隻を撃沈、5隻を大破させるなど、その総トン数は6万4669トンに上ったのです。さらに昭和17年2月24日には日本海軍の伊17乙型大型潜水艦によるカルフォルニア州セントバーバラ市にあるのエルウッド石油製油所への砲撃を行いこれに成功させました。これらの日本軍による一連の本土への先制攻撃は、市民は大混乱となり、はじめての本土を攻撃にアメリカ政府にも大きな衝撃と恐怖を与えることとなりました。ルーズベルト大統領は日本軍の本土上陸は避けられないと判断し、ロッキー山脈で日本軍の侵攻を阻止しようとする作戦をたてました。同時に日系アメリカ人の強制収容すら行うこととなったのです。(此の強制収容は戦後に人種差別政策だと批判され、賠償を支払うことになった)

 

 さらにアメリカ政府はマスコミの報道規制を敷いて日本軍の本土攻撃にかんして、国民の動揺と厭戦気分を防ぐために躍起となったが、その後も日本軍の上陸や空襲の誤報がつづいて、ロサンゼルスでは日本軍機の空襲を誤認した陸軍による高射砲戦が行われた結果、高射砲の破片で民間6人の死者を出すなど(ロスアンジェルスの戦い)パニックを引き起こしたのです、いかにアメリカにとってこの事件が大きな衝撃だったかが解かります。