高根沢町の空襲

≪阿久津村・北高根沢村・熱田村≫

≪ ≫内の黒文字は、域内の昭和20年当時の市町村


昭和20年7月10日

 房総沖の空母15隻を中心とするアメリカ第38機動部隊(第58機動部隊改称)の800機の艦載機が関東各地の主として航空基地を攻撃したが、栃木県内にも4波に分かれて襲来しました(※宇都宮の空襲参照)12時過ぎ、県北地区航空施設を攻撃したF6F-5型艦載機5 機は、旋回して東北線氏家駅(※さくら市の空襲参照)、宝積寺駅を襲撃しました。


 7月10日12時12分頃、大田原金丸原飛行場などを空襲した5機は宝積寺駅にちょうど到着し下車中の乗客を襲撃、1名の死者が出ました、負傷者5名のうち3名が同日夕刻死亡しました。この日攻撃による死傷者の殆どが県外の人たちでした。停車中の機関車も襲撃を受け、列車は運転不能となりました。艦載機は宝積寺駅を襲撃した後、再び県北に向かい那須飛行場を襲撃しました。(※宇都宮の空襲大田原の空襲さくら市の空襲参照)

 

昭和20年7月30日 

 

 午前8時ごろ宇都宮市を襲った艦載機は宝積寺駅近辺を急襲(当時は阿久津村)、駅舎、村役場も被害を受けました。この空襲により1名死去、負傷者6名を出しましたが負傷者のうち4名は当日の午後死去しました、なお当日の空襲はアメリカ軍によるものでなくイギリス軍によるものではないかとされています。 (※宇都宮の空襲大田原の空襲さくら市の空襲参照)