那須町の空襲

≪那須村・伊王野村・芦野村≫

≪ ≫内は、市・町の域内の昭和20年当時の市町村


昭和20年7月10日

 7月10日に大田原金丸原飛行場を攻撃しました(※大田原の空襲参照)アメリカ軍艦載機グラマン機3機、那須町をも襲撃し芦野地区をロケット弾攻撃及び機銃掃射襲撃を行いました。これにより芦野町巡査駐在所、農協倉庫、芦野農業学校が被災し、横町で3名即死、1名の負傷者をだし、そのうち重傷者1名が後日死亡しました。

(※宇都宮の空襲参照)


昭和20年8月13日


 金丸原飛行場を襲撃した艦載機は立岩地区を襲撃立岩地区で1名(乳幼児)が犠牲となりました。(※大田原市の空襲参照)

 

 なお、栃木県北部(那須地区)の空襲・戦災の詳細については 「那須の太平洋戦争」下野新聞社発行 北那須郷土史研究会編 1996年2月をごらんください