那須塩原市の空襲

黒磯市(東那須町・鍋掛村・高林村)・西那須野町(狩野村・西那須野町)・塩原町(塩原町・箒根村)≫

≪ ≫内の黒文字は、域内の昭和20年当時の市町村、紫字は20年以降( )内の市町村が合併して成立した市・町名


西那須野町の空襲

 

昭和17年4月8日

 

 アメリカ空母ホーネットを発信した、ジミー・ドゥ―リットル中佐率いるB25爆撃機16機編隊は、初の日本本土空襲を敢行し(ドゥ―リットル空襲)東京、川崎。横須賀、神戸。四日市の各都市を空襲しました。そのとき鹿島灘から本土に侵入した、エドワード・ヨーク中尉の指揮する8番機が、燃料不足におちいり搭載の爆弾を西那須野南町の西那須野駅から200メートル南東の地点(西那須野町南町2番地八木澤宅被爆)に爆弾を投下しました。さらに新潟県阿賀野川鉄橋付近に一個投下して日本海側に抜け、ロシア(旧ソ連)ウラジオストックに不時着しました、乗組員はソ連軍に抑留されましたが、そのさい、の爆弾投下が(捨弾とみられる)県下初のアメリカ軍機の襲来となりました。

 

黒磯市の空襲

 

 那須野陸軍飛行場(通称黒磯飛行場、また黒磯町埼玉に所在していたため埼玉飛行場と呼ばれていました)は、昭和17年(1942年)宇都宮陸軍飛行学校那須野分教所として開校、18年宇都宮陸軍飛行学校那須野教育隊となり特攻隊訓練基地となりました。、茨城県鉾田町(現・鉾田市)に在った鉾田教導飛行師団が、激化する日本本土空襲にともない、昭和20年2月11日には艦載機の空襲を受けました。また太平洋沿岸地域の艦砲射撃が激しくなる中で鉾田飛行場は、那須野陸軍飛行場に移転しました。

 

 20年5月特攻隊12隊を編成7月には第26飛行隊の司令部が置かれました。20年8月13日特攻隊6機が出撃、うち2機がアメリカ軍空母の突入しました。これが太平洋戦争最後の特攻といわれています。(宇都宮師団の系譜参照)

 

 20年当時、大田原の金丸原飛行場(※大田原の空襲の項参照)との距離は飛行機で1分ほどの距離で、アメリカ軍機は埼玉飛行場と金丸原飛行場の区間を8の字に旋回しながら両飛行場をセットとして空襲を加えていました。


昭和20年7月10日

 

第1波 8機、260ポンド爆弾16個 500ポンド爆弾7個ロケット弾24個

第2波 5期 機銃掃射のみ

 

昭和20年8月13日

 

第1波 3機 ロケット第12個

第2波 6機 500ポンド爆弾5個、ロケット弾24個

第3波 4機 500ポンド4個、ロケット弾24個

 

なお、栃木県北部(那須地区)の空襲・戦災の詳細については 「那須の太平洋戦争」下野新聞社発行 北那須郷土史研究会編 1996年2月をごらんください