壬生町の空襲

《壬生町、稲葉村、南犬飼村》  

≪ ≫内の黒文字は、域内の昭和20年当時の市町村


 壬生町には昭和18年、南犬飼・安塚地区に宇都宮陸軍飛行学校壬生教育隊九五式中連が配置され5月14日開所しました。第23振武隊(神風特攻の部隊)の訓練・ 練成、特幹(陸軍特別幹部候補生)の養成を目的とし、飛行場も建設されていました。この飛行場は壬生町国谷地区から石橋町上長田地区にまたがっていました。そのため現地の人たちは長壬生飛行場、長田飛行場また安塚飛行場などとも呼んでいました。(現在のおもちゃ工業団地はその跡地に造成された)。ここで錬成された特攻要員は知覧に配属され、第23振武隊は昭和20年4月1日に10機が出撃特攻隊員として帰らぬ人となりました。

 

 同年5月5日千葉県の下志津派遣隊が壬生飛行場に移駐してきました


昭和20年7月10日

 

 アメリカ軍空母レキシントンを発進した艦載機は壬生の飛行場を空爆しました

 

昭和20年8月13日

 

 8月13日に宇都宮を襲撃したアメリカ軍機6機が襲来 ロケット弾12発機銃弾700発を掃射、壬生飛行場の地上機 2機破壊1機破損 掩待壕を破壊し、格納中の3機に損害を与えました